血液透析

より長く、元気に生活できる血液透析療法

血液透析とは、腎機能低下の結果、血液中に溜まってしまう老廃物(尿毒素)や余分な水分を特殊装置を使って取り除き、正常化した血液を体内に返す治療法で、さまざまな種類があります。
当院では、その中からオンラインHDFという治療法を採用しています。オンラインHDFとは、透析液供給装置から送られた透析液の一部を抜き取り、補充液として血液回路へ注入し、残りの透析液を「人工腎臓(ダイアライザー)」へ送る血液透析濾過のことをいいます。オンラインHDFでは一般的な血液透析に比べ、より多くの老廃物や余分な水分を取り除くことが可能となり、関節痛、かゆみ、不眠、イライラ感、足のむずむず感の改善効果などが期待できます。
透析施設での血液透析は週3回、1回につき4~5時間程度の治療が必要といわれています。透析治療は患者さんの日常生活の一部であることから、透析に来ていただくことで人と人とのつながりを実感できるよう、すべての面において優しい治療を目指しています。